税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ダイヤモンドピアスは永遠の愛の輝き!
あくまでも清楚に、あくまでも慎み深く、気品が漂う・・・
嫌味がないジュエリーだから、
フォーマルにもディリーにもつかえる♪


贈って嬉しい♪もらって嬉しい♪永遠の愛の煌き、宝石の王様ダイヤモンドピアス
永遠の愛の証として、
ダイヤモンドほど最適な宝石は無いですね。
大切に想う方へのプレゼントに、もちろん自分へのご褒美に!
当ショップでは、1万円位からお届できるダイヤモンドピアスを多数掲載しています。
セキュリティ対策には万全を期し、個人情報などは厳重に管理しています。
どうぞご安心してお買い物をお楽しみ下さいませ。(店長)

一粒ダイヤモンドピアス

エタニティダイヤモンドピアス

ダイヤモンドピアス・チェーンピアス

フックピアス

スリーストーンダイヤピアス

ローブダイヤピアス

ブラックダイヤモンドピアス

脇石ダイヤ 誕生石ピアス

ダイヤモンドチャーム

宝石としてのダイヤモンドの登場とカットの歴史

ダイヤモンドを宝石として登場するのは古代インドにおいてだそうです。
古代インドでは紀元前からダイヤモンドが採取されており、その比類なき硬さと独特な輝きから神秘的な力を授ける宝石と信じられていましたが
研磨技術も大したことはなく、今のようにカットが行われ宝石としてのダイヤが輝きはじめるのは中世ヨーロッパの時代14世紀に入ってからです。

14世紀末にはパリでダイヤモンドの研磨職人が働いていたと文献に残っており、研磨職人たちはさまざまな形にダイヤモンドをカットしていたようです。
このとき以降、ダイヤモンドの輝きが求められていきます。

15世紀半ば頃にテーブル・カットやローゼンツ・カットが出現、16世紀に入るとローズ・カットが生まれました。

17世紀に入るとそれまでより多くダイヤモンドが南アフリカやインドから輸入されるようになったため、ダイヤモンドへの関心も急激に高くなりました。
また、ルイ14世の時代、フランス宮廷の時代になると夜会の蝋燭の光がファセットと呼ばれる研磨面に反射する輝きを追求するようになります。
テーブル・カットなどは面の多いローズ・カットに勝てなくなり、ブリリアント・カットの始まりにつながっていきます。

ところでこの世で一番固いダイヤは一体なにで研磨するのでしょうか?
中国では古代から翡翠が玉と呼ばれもてはやされてきましたが、この翡翠を研磨するのは翡翠でした。
これを玉は玉を持って制すと言います。

これと同じようにダイヤはダイヤを持って研磨します。
ダイヤの粉を研磨剤としてカット及び研磨を行います。他にレーザーを使った方法もあるようです。

さて研磨技術の発展とともに人類の美の探求も深まって参ります。
カットによりダイヤの煌きが違うことに次第に気がついていきます。

ローズ・カットの初期では原石の形に合わせて研磨されていましたが、次第に研磨面が多い複雑なカットへと変わっていきました。
一般的に平らな底面を持ち中央に向かって高さをつけながら24の三角形の面が組み合わされて研磨されているローズ・カットは、その形がバラのつぼみに似ていることからこの名前がつけられました。
研磨職人たちによってダイヤモンドをより輝かすことが考えられ、試行錯誤の結果、最初のブリリアント・カットと言われるマザラン・カットが登場します。
研磨面が少ないとてもシンプルな形ですが、ここからブリリアント・カットの改良が重ねられていきました。

17世紀のローソクの光によってついにブリリアントカットの原型の登場となります。

17世紀末になり、ベネチアの研磨職人であるペルッツィによって現代のブリリアント・カットに繋がる最初の58の研磨面を持つカット、オールド・マイン・カットが開発されます。
現在のブリリアント・カットの原型とも言われますが、この時はまだ正方形に近い外形を持っていました。
その後、オールド・マイン・カットから発展し外形が円の形をしたオールド・ヨーロピアン・カットが登場します。
研磨面は58と変わりはありませんが、研磨面の形が大きく変わりました。現在のラウンド・ブリリアント・カットに非常に近い形です。
外形が円に変わったことで、ダイヤモンドの輝きの美しさを決定づける3つの要素、『ブライトネス』『ディスパージョン』『シンチレーション』を引き出すことに成功したのでした。

19世紀末の電灯の発明とともにダイヤモンドのカットが再び開発されていきます。
電灯の登場により夜会パーティーが行なわれるようになると、それまでの陽光の下で輝くダイヤから電灯の下でより煌めくダイヤカットが要求されていったのです。
初期のブリリアント・カットはパビリオン側が更に浅くなり、より適正なプロポーションとなって行きました。
1919年、マルセル・トルコフスキーによりダイヤモンドの光学的特性に基づいたブリリアント・カットのプロポーションが発表されました。
これが現在の一般的なブリリアント・カットのベースとなっています。

ブリリアンカットは文明開化、電灯の発明により完成にたどりついたのです。

ラウンド(円形)以外の形のものをファンシー・シェープと呼び、オーバル、ペアシェープ、マーキーズ、ハートシェープ、プリンセス・カット(通称)などのブリリアント・カットが多数あります。
研磨職人の腕だけでなく研磨機械の発達により、現在は上記のような形だけでなく多数の研磨面を持ったものや動物の形をしたものなど、様々なカットが存在しています。

 
【ダイヤモンドの加工】
加工する場合は、ダイヤモンド以上に硬い物質が無いため、ダイヤモンド粉末で加工するか、
レーザーなど特殊な加工法を用います。

◯劈開加工(へきかいかこう)
単結晶のダイヤモンドには劈開性があります。
劈開性とは、ある特定の面に垂直な方向の原子・イオン・分子間の結合力が弱いため、平面に平行に割れやすい性質のことです。
ダイヤモンドは劈開によって、切りくずを出さずに、原石を無駄なく二つに分割することができます。


◯研磨(けんま)
単結晶ダイヤモンドの研磨では、ダイヤモンドの粉末を研磨剤に用いて、研磨を行います。
同じダイヤモンド同士で研磨を行うため、原石の結晶面を調べて研磨容易な、研磨可能な方向を見極めることが重要になってきます。

◯レーザー加工
粉末のダイヤモンドを使わない加工法としてレーザー加工があります。
レーザーは媒体によっていくつか種類がありますが、ダイヤモンド加工にはYAGレーザーを用います。
レーザービーム加工は、ダイヤモンドの穴あけや切断に用いられます。

◯イオンビーム加工
数十ev(エレクトロンボルト)の運動エネルギーを持っているアルゴンイオンをダイヤモンド表面に照射すると、
アルゴンイオンとダイヤモンドを構成している炭素原子が衝突し、運動エネルギーの交換が行われダイヤモンド表面の炭素原子がはじき出されます。
このような現象を、スパッタリングといい、スパッタリングを利用してダイヤモンド表面を少しずつ除去していく加工がイオンビーム加工です。

【ダイヤモンドのカットの色々】
・ラウンド・ブリリアント・カット
・オーバル・ブリリアント・カット
・ペアシェープ・ブリリアント・カット
・マーキーズ・ブリリアント・カット
・ハートシェープ・ブリリアント・カット
・エメラルド・カット
・プリンセス・カット

ダイヤモンドピアス カテゴリー

カートに入れる

カテゴリー

ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド ダンシングストーン あこや真珠

ダイヤモンドピアス カテゴリー

ダイヤモンドピアス

愛するあの方へ。
贈って嬉しい♪
貰って嬉しい♪
ダイヤモンドピアス。

ギフトも賜ります

高品質大粒ダイヤとプラチナの最強ピアス!

PT900 1.5ctダイヤモンドピアス(鑑別書付き) プラチナ

美しい“黒"の輝きは、高潔にしてミステリアス… 今宵はしっとりとミステリアスに装って おとなの女性を演出してみましょう。

【鑑別書付】プラチナPT900 天然ブラックダイヤモンドピアス 0.3CT 鑑別カード付

¥11.664

シンプルなスタッズモチーフの一粒ダイヤピアスが清楚な印象です。 ダイヤモンドは女性ならどなたでも永遠のあこがれ。

Pt900 大粒0.7ctダイヤピアス(鑑別付)

¥39.800

お花をモチーフにした可愛らしい天然ダイヤモンドピアスです。

【鑑別書付】K18ホワイトゴールド 天然ダイヤモンドピアス ダイヤ0.3ctピアス フラワーモチーフ

¥49.464

フルエタニティのダイヤのピアスです!正面はもちろん、耳の後ろまでグルリとダイヤ。

K18WG フルエタニティダイヤモンドピアス 合計0.3CT

¥21.600

豆知識

店長

ダイヤモンドは永遠の輝き、愛の象徴です。
「ジュエリーMonami」では,、お買い得なダイヤモンドピアスを多数掲載しています。
愛するあの方への永遠の愛の証。贈って嬉しいダイヤモンドピアス。貰って嬉しいダイヤモンドピアス。
ジュエリーMonamiのダイヤモンドピアスをどうぞよろしくお願いいたします。
セキュリティ対策には万全を期し、個人情報などは厳重に管理しております。
 どうぞご安心してお買い物をお楽しみ下さいませ。
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」